ファミリー

安いことで知られているベビーベッドを購入しよう

  1. ホーム
  2. 赤ちゃん専用布団の役割

赤ちゃん専用布団の役割

ベビー

いい点と悪い点

ベビー布団は、新生児の頃から使える赤ちゃんと幼児専用の布団です。畳の上に置いてそのまま使えたり、ベビーベッドに敷いても使えることから機能的な幅があります。ベビー布団が選ばれる理由は、そのちょうどいいサイズや移動しやすい点だけではありません。ベビー布団は、身動きが十分にできない赤ちゃんのために、安全性を考えて作られている点も挙げられます。大人が寝る一般的な布団であると、その柔らかさが赤ちゃんの体を沈めてしまう可能性があります。つまり、就寝時の事故につながりかねないため、敷布団は固めの素材、そして掛布団は軽い素材のベビー布団が赤ちゃんに最も適した布団となります。そのため、赤ちゃんは大人用の布団で寝ることは避け、専用の布団で寝たほうが安心なのです。しかし、ベビー布団にも困った部分は少なからずあります。それは、幼児になっても使えますが、サイズが限られているため、成長した子供には小さすぎてしまいます。長くて就学前までの期限となるので、長期間は使えません。また、軽い掛布団は赤ちゃんが蹴っただけでもめくれあがってしまう場合もあるので、それを直す手間や体調面でも心配になります。ただし、赤ちゃんの成長にはこれらはつきものです。布団が小さくなってしまうのも、布団を足で蹴ってしまうのも、健康的な証拠でもあるのでそこまで負担に感じる必要はありません。いずれにしろ、ベビー布団は赤ちゃんが安全にぐっすりと眠られるようになっているので、親としては積極的に選びたいベビー用品です。一定の期間しか使えなくても、その間の大切な成長期間を見守る役目となるため、そのメリットは大きいです。