ファミリー

安いことで知られているベビーベッドを購入しよう

  1. ホーム
  2. 赤ちゃんに優しい飲ませ方

赤ちゃんに優しい飲ませ方

水

赤ちゃんは発汗が大人よりも多く、水分補給は重要なものとなります。基本的には母乳やミルクで水分補給ができている状態ですが、ミルクを作る時には水にも注意が必要です。粉ミルクを利用する場合、水道水を沸かすだけで十分ですが、ミネラルウォーターを利用したい時には選び方が重要となってきます。ミネラルウォーターには、ミネラルの多く含んでいる硬水とミネラル分の少ない軟水があります。赤ちゃんの消化機能は未発達のため、ミネラルは下痢などの原因になってしまうことからなるべく少ないものを選んでいきます。特にオススメなのが、不純物やミネラルなどを取り除いたピュアウォーターになります。赤ちゃんの負担になってしまう成分が含まれていないため、ミルクを作る時などに利用してもミルクの栄養成分や味に影響を与えることがないとされています。赤ちゃんのための水の利用の仕方としては、まずミルク作りが挙げられます。一度沸騰させておき、冷ましておくことで飲みやすい温度になります。三ヶ月を過ぎた後から、白湯や水を与えることができます。20〜30ml程度の量から少しずつ与えるようにしていきます。冬場でも汗をかきやすいため、水分補給は重要となってきます。ただし、与えすぎてしまうと体内のミネラルバランスが崩れてしまい体調を崩してしまうこともあるため注意が必要です。それを防ぐためには、衣類や帽子を利用するなどの対策を行いながら、飲み物を飲ませていくことが大切です。