ベビー

安いことで知られているベビーベッドを購入しよう

赤ちゃん専用布団の役割

ベビー

ベビー布団は、赤ちゃんや幼児にちょうどいいサイズとなり、移動もしやすく就寝時の事故を防いでくれる役目も持ちます。生まれたばかりの赤ちゃんは寝返りもできないので、大人用の布団で一緒に寝るのは避けたほうが無難です。ベビー布団にも使用期間が短いなどの欠点がありますが、総合的に考えるとメリットは大きいです。

赤ちゃんに優しい飲ませ方

水

赤ちゃんは発汗が多いため、水分補給は重要です。選び方としては、ミネラルの少ない軟水やピュアウォーターを選んでいくと、負担にならないとされています。三ヶ月を過ぎたら、水や白湯などを与えていきますが、与えすぎても体調を崩してしまうため注意が必要です。

専門店で購入しましょう

赤ちゃん

機能と価格に注目です

ベビーベッドを使用する期間はつかまり立ちを始める1歳前後までが目安です。1歳を過ぎる頃になるとベビーベッドでは狭くなってくるほか添い寝もできるようになってくるので、使用する回数も徐々に減っていきます。そのため多くの方が使用期間も考慮して安いものを選んでいるのが現状です。しかし価格の安さだけに注目して購入するのは考え物です。そもそもベビーベッドが必要な理由は乳幼児の睡眠には危険も多いからです。赤ちゃんが突然死するSIDSは乳幼児の時期に多発します。このSIDSの原因は様々ですが睡眠時の姿勢が不自然となることで、喉や肺が圧迫されて窒息することも大きな要因の一つとなっています。ベビーベッドには睡眠時の姿勢を正しくしてSIDSを予防する効果があるのです。ベビーベッドの購入は専門店がおすすすめです。専門店なら安いベビーベッドでも機能性を併せ持ったものが簡単に探せます。たとえば組み立て式のベッドは一般的な木製ベッドよりも安いことや細かく分解もできるので、使用しなくなった際には簡単に片づけることができます。また柵の高さを調整してマルチに使用できるベッドも人気です。柵の高さを調整できるベビーベッドなら昼間はベビーサークルとして活用できるので、一般的なベビーベッドよりも長い期間使用できるメリットがあります。専門店ならほかにも機能性に優れた安いベッドがたくさんあります。ベビーベッドを購入する際は安さと機能性の両面を兼ね備えたものを選びましょう。

赤ちゃんにベッドは必要性

赤ん坊

沢山準備しなければならないベビーグッズの中でベビーベッドの購入を迷う人もいるかもしれません。しかしベビーベッドはホコリから赤ちゃんを守るだけでなく、オムツ替えの場所としても使えます。さらに勉強机などに組み替えられるものもあり、購入しても長く使えます。